中国製パソコンは快調・・・

 パソコンがダウンした。その前から文字変換の動作がのろく、嫌な予感がしていた。前回ブログの小説「櫛挽道守(くしひきちもり)の記事をほとんど書き終えていたが、全部消えてしまったらまずいと思い、いったん記事を保存した。

 再度入力画面に戻そうとしたところ、青い横文字の画面が表示された。続いて「修復しています」という文字とともに、黒い帯が左から右へ流れる画面に切り替わった。修復には1時間以上かかる場合もあると表示され、気長に待つことにした。

 しかし、4時間待っても、同じ画面が続いている。パソコン音痴の私でも、これは異常な事態であることは分かった。知り合いのパソコン店に電話すると、どうやら重症らしく、パソコンを持って来いと言う。

 パソコン店の彼とは何年も前からの知り合いで、彼は最近のパソコン事情を話してくれた。そもそも私のパソコンは相当古く、故障してもおかしくないそうだ。パソコンは消耗品という認識が必要で、国産なら5、6年、海外の製品なら3年くらいで買い替えるのが賢い使い方だと言う。

 そして、故障した時に備え、文章、写真、名簿類など重要なデータはバックアップを取っておくことも大切だという。今回は、彼が多くのデータなどを取り出してくれ、とくにおびただしい写真と住所録が失われず、助かった。

 パソコンの修理は不能で、買い替えることにした。日本製だと10万円前後だが、海外製品だと5万円までで買えるという。普通の使い方なら海外製品で問題はなく、彼が選んだのは中国製「レノボ」で、3万5千円。ネットですぐに注文してくれた。中国製品には多少の不信感があるが、年金生活者としては贅沢を言えない。

IMG_5728_20140824105330f1d.jpg

 家に帰って女房に報告すると、案の定、「中国製はやめて」と拒否反応を示した。「性能は悪いし、すぐ壊れる」と本気で怒っている。女房の中国嫌いは食品への不信が原因で、それが中国製品全般への不信につながっているのだ。偏狭な中国嫌いとは少し違う。

 それはともかく、われわれは食品、工業製品、衣料など様々なMADE IN CHINAに包囲されている。それは世界の多くの国にも言えることだ。リスクも確かにあるが、近年の中国は技術力や安全意識が向上していることも事実だろう。だから、MADE IN CHINAを上手に、賢く取り入れることだろう。

 パソコン店の彼のアドバイスで、思ったよりはるかに安く購入することができた。しかし、いつまでも中国が安い品物を生産し続けることはないだろう。中国の人件費は上がり続けており、競争力を失う日が必ず来る。その時、中国という巨大な国家はどのような姿になっているのだろうか・・・。余り愉快でないお隣さんだが、気になる。

スポンサーサイト

コメント

レノボですか~。
僕のPCもレノボです。使い始めて2年くらい経ちますが快適に動いています。

ただ、ウイルスソフトの体験版が消しても消えないしお金を払って正規版に更新せよと毎日立ち上がります。百度(だったと思います。)という日本語入力システムは使いたくもないのに突然立ち上がったりします。おまけにこのソフトは入力した内容をひそかに本土に送っているというのでニュースになったりしていました。
中国のソフトはしつこいですがネットで調べると削除してしまう方法が見つかります。
それさえやってしまえばサクサク動いてくれます。
一度試してみてください。

     イレグイ号 さんへ
 
 パソコンが壊れ、いやー、大変でした。
様々なデータが失われたらどうしようと、ひやひやしました。一部は復元できましたが、ほとんど全面復旧です。
 ただ、ブログに写真が入らず、昨夜は娘に電話で指導を受けながら、何とか入れることが出来るようになりました。
パソコン音痴は、こういう時にはお手上げです。
 今のところ、しつこい中国ソフトは現れていません。
これからは機嫌を損なわないよう、向かい合っていきます。
コメント、ありがとうございました。
非公開コメント

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR