森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

コロダイにマハタ・・・女房は満面の笑み

IMG_5916.jpg

 もし釣り師にプライドがあるなら、格下に言ってはならないセリフがある。昨日の釣行で、大物を釣った女房についそんな禁句を発してしまった。「どんな当たりやった?」。女房に教えを乞うこの言葉である。プライドをかなぐり捨て、女房の軍門に下ったようなものである。

 さて、ガシラ釣りで連戦連勝が続く女房は、毎日、毎日、海の状況を私に聞く。要するに釣りに行きたいのだ。確かに釣りに行けば、3日分くらいの食料が手に入り、家計の大きな足しになる。しかし女房は「食費が助かるわ」と言って、素直に釣りがしたいと言わない。妙な意地である。

 しかし、釣りの師匠としては、女房のやる気をくじくことは出来ない。22日の天気予報が良かったので、由良湾へ行くことにした。しかし朝5時ごろに起床すると、雨が激しく屋根をたたいていた。気持ちが萎えたが、次第に晴れるという予報を信じて車を走らせた。

 紀伊水道の漁港に着くころには小雨になり、ボートの準備をしているうちに雨はやんだ。静かな由良湾を走り、やがてポイントに到着した。鯖の切り身を針に刺し、10号の重りで仕掛けを海底に下ろす。

 最初の当たりは私にあった。ゴン、ゴン、ゴンと竿先が震え、クイッと押さえ込まれた。すかさず合わせを入れると、確かな手応えが伝わってきた。何度かの締め込みをかわして浮かせたガシラは、20センチを超すまずまずのサイズだ。

 続いて女房も釣った。それから私と女房は抜きつ抜かれつ。デッドヒートと言いたいところだが、ガシラの活性はにぶく、釣果は期待したほどではない。今日の調子だと、二人合わせて20匹も釣ればいい方だろう。

 釣り開始から2時間ほど経った時、女房は「底掛かりしたいみた」と言った。続けて「あれ?魚がついている」と言って、竿を弓なりにさせている。竿を持ち上げ、次に竿を下しながらリールを巻く。ポンピングという大物を釣る時の基本的な動作である。私が教えた通り、女房はポンピングを繰り返している。

 海中に揺らめく魚影は何とコロダイだ。30センチ以上はありそうだ。玉網ですくった直後に私が言ったセリフが、冒頭の「どんな当たりやった?」である。「ゴン、ゴン」という当たりなのか。いきなり「グイッ」ときたのか。そこは興味津津なのだが、普通、プライドが邪魔して聞けないものだ。女房は「微妙」と言い、その具体性に欠くセリフがまた癪にさわった。

IMG_5913.jpg

 するとまたも女房が竿を曲げた。浮いてきた魚は、縞模様も鮮やかマハタである。これもなかなか口に入らない高級魚である。釣った数は女房と変わらないが、目方が違うし、魚自体が異色である。今回も完敗だった。

IMG_5915.jpg

 この日はなぜか根掛かりが頻発、たくさん準備しておいた仕掛けが底をつき、昼前に帰港した。釣果は二人で21匹。その夜は、コロダイの半身を刺身にし、残りとマハタを鍋で食べた。「では、いただきます」と言う私は、情けないほど卑屈だった・・・。

IMG_5918.jpg
 
スポンサーサイト
   06:57 | Comment:4 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 亀丸 [URL] #-
「どんな当たりやった?」
分かります、その屈辱!!(笑)

それにしても、南国を代表する高級魚!
さぞおいしかったでしょうが、焼酎は苦かったでしょうね♪
 2014.09.26 (金) 23:20 [Edit]
  [URL] #-
     亀丸さんへ

 亀丸さんなら、この屈辱を分かってくれますよね。
当たりについて、女房は「微妙」と言ったが、
そのセリフ、沢尻エリカ様が「別にぃ」と言ったのとどこか似ています。
 はい、焼酎は苦かった、その通りでした。
 2014.09.27 (土) 18:44 [Edit]
 ボーダ [URL] #-
ひまじんさん、お久しぶりです。いつも読んでいます。
釣り師のプライドについては、まだまだよくわかりませんが、なんとなく想像しては笑えています。
ひまじんさんのブログを読んで、ずーっと釣りがしたいと思っていたのですが、ついに昨日実現しました。そんなにしたいなら1人でもすればいいのでしょうが、知らないことだらけで壁が高かったんです。これからは1人でもできるかも。自分で釣った魚って本当においしいですね。
 2014.09.28 (日) 23:12 [Edit]
  [URL] #-
      ボーダさんへ

 いやはや、お見事です。
アジの刺身はおいしかったでしょうね。
日本では近年、アジは余り釣れなくなりました。
それだけに、羨ましいです。
 ビギナーズラックではありませんよ。
アジを釣るのはそれほど難しくはありません。
気を付けることといえば、口が弱いので、強引に糸を巻かないことです。
 これでボーダさんも釣りにはまりましたね。
教えてくれた人を大切にして下さい。
またきっと誘ってくれますよ。
 2014.09.29 (月) 17:50 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/997-29f514f1
 
 
カレンダー
 
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR