トランプさん、失礼ながら一言・・・

 米朝対話を巡るトランプ大統領を見ていると、おもちゃがいっぱい詰まった箱を開け、大はしゃぎしているようにしか見えない。箱の中には、首脳会談を行いましょう、非核化します、弾道ミサイルなど軍事挑発は行いません・・・などという喜びそうなカードが入っており、トランプさんは無邪気に高揚し、その場で首脳会談を約束してしまった。

 同席したホワイトハウス高官たちが「ちょっと待って」という暇もなかったらしい。トランプさん自身、不動産取り引きで多くの成功体験があり、俺ならうまくやるという自信があったのだろうが、外交交渉をビジネスと一緒くたに考えているとすれば、馬鹿げている。

 トランプさんのこれまでの言動を見てみると、関西弁で言う「ええかっこしぃ」、それも極めつけの自己顕示欲の強い性格だ。彼のツイッターは子供が自慢ごっこしているようで、「チビ」とか「ロケットマン」など品位のない言葉も少なくない。もしそれが本当の姿だとしたら、米国民はとんでもな人を選んでしまった。

 そんな彼が北朝鮮の策動に飛びついたのは、自身の立場が危ういからだろう。ロシア疑惑が深まり、中間選挙は苦戦を強いられている。これといった外交成果もない。ここはもう起死回生の一打を放つしかなく、あえて甘い餌に食いついたと見るべきだろう。

 トランプさんの辞書に「急がば回れ」という言葉はなどないように思える。日本には拙速を戒める言葉がたくさんある。「せいては事を仕損じる」「あわてる乞食はもらいが少ない」「待てば海路の日和あり」・・・。表現の豊かさは日本文化の多様さにも通じるが、さてアメリカではどんな語彙(ごい)があるのだろう。

 5月中に首脳会談が行われるらしいが、本当に成果が出せるのだろうか、大いに疑問だ。北朝鮮は世界を欺きながら核開発を続けてきた。そしてつい先日まで、威勢のいい言葉で米国を口撃していた。その舌の根の乾かないうちに、手のひらを返して「核を手放してもよい」と言い出したのだから、にわかに信じよという方が無理である。

 それなりに北朝鮮にも切実な事情があるのだろう。国連の経済制裁が効いてきて、軍や配下に不満が蓄積されれば、不穏な空気も生まれかねない。金委員長には最も懸念される事態だ。体制維持のために、清水の舞台から飛び降りたのだろうが、核を手放す気など毛頭ないと思うが、どうだろう。

 北朝鮮にしてみれば、トランプさんの鼻先に人参をぶら下げ続け、時間を稼ぐ魂胆だろう。「これまでかかった金を出せ」「食糧を支援してほしい」「油がほしい」などとつぎつぎ要求を出してくるはずだ。そこをどのようにかわして核放棄に繋げることが出来るか、トランプさんの外交の手腕が試されよう。

 もちろん、北朝鮮に核を放棄してもらわなければ困る。ただし、日本に届くミサイルは残るし、化学兵器もある。トランプさんが勝手な交渉すれば、取り残されるのは日本だ。しかも拉致問題は未解決。米国にそんなうまい手があるのだろうか。悲鳴を上げているのは、尻を拭かされるホワイトハウスの面々だろう。

盗まれたイチゴ

 平昌五輪のカーリング女子で、銅メダルに輝いた日本チームの記事をブログに書いた。すると、ブログの友人イレグイ号さんから、「彼女たちがモグモグタイムで食べていたイチゴは日本で開発された品種が韓国に流出したものらしい」というコメントが寄せられた。

 韓国ならさもありなんと思ったが、それから数日後、斎藤健・農林水産大臣が会見で、カーリング女子が食べていたイチゴについて、「日本から流出した品種を韓国で交配されたものだ」と発言したから驚いた。 所管大臣が流出を明言したからには、ちゃんとした証拠があるのだろう。

7d5474ceefae1c26f1922369f739e067[1]

 そこでネットで調べてみると、次のような記事が出ていた。要約すると、韓国のイチゴ栽培面積の9割以上が日本の品種を基にしたものといわれ、日本を代表するブランドが無断で持ち出され、韓国で勝手に交配されていた上、韓国の独自ブランドとして販売されているという。

 そして5年前、その流出経緯が明らかになった。愛媛県の農家がレッドパールという品種を6年間かけて開発したが、その農家に韓国人の農業研究者が訪れ、「苗をほしい」と懇願された。何度も断ったが断りきれず、様々な条件を記した契約書を交わし、苗を与えた。しかし契約は破られ、そのレッドパールは韓国で一気に広がった。

 イチゴの遺伝子を解析すれば、日本で開発されたものかどうかは分かるはずだ。だから農水大臣も断定的に発言したのだろう。知的財産を盗まれたのだから、国としても法的措置を取るべきだったはずだが、どうも日本は韓国に甘いところがある。これではすでに亡くなっている開発者は浮かばれないだろう。

 こんなことは言いたくないが、あえて言ってしまおう。自然科学系のノーベル賞受賞者は日本人22人に対し、韓国人は0である。ノーベル賞シーズンになると、韓国民はその現実を前に嫉妬し、悲嘆に暮れるのだ。ノーベル賞の多くは優れた基礎研究に対して贈られるもので、それは長い歳月の成果である。

 愛媛県の農家の人も、開発に6年かかった。それを韓国は盗み取り、しかも韓国独自のブランドとして世界市場に輸出し、莫大な利益を得ている。韓国は目先の利益を優先し、地道な基礎研究をおろそかにする国である。それでは、ノーベル賞級の研究者は育たないだろう。

 カーリング女子の一人は「韓国のイチゴはすごく美味しい」と言ったそうだが、それもそうだろう。日本の農家が心血を注いで開発したイチゴなのだ。車座になってイチゴをほうばる光景はほほ笑ましかったが、ひと皮剥けば韓国の嫌な一面が見えてくる・・・。

オホーツクに風を吹かせた・・・カーリング女子

 いきなり自慢っぽい話で恐縮だが、10年ほど前、あるゴルフ場でホールインワンを達成した。距離は190ヤードの難しいホールだった。放ったボールはピンめがけて転がり、そのまま入ってしまった。生涯2度目のホールインワンだった。

 ティーグランドの右手には、ホールインワン達成者に「北海道への航空券プレゼント」というJAL協賛の看板が立っていた。キャディー同伴だったので記録が認められ、夫婦2人分の往復航空券がもらえた。

 それから間もなく、夫婦で知床半島などをレンタカーで巡る5泊6日の旅行に出かけた。網走刑務所を見た後、オホーツク海に面するサロマ湖へ車を走らせた。美しい湖だった。

 回りくどい書き方になったが、実は平昌五輪カーリング女子で銅メダルを勝ち取った「LS北見」って、どこにあるのだろうと思い、パソコンの地図で調べてみた。すると、あの時訪れたサロマ湖が北見市であり、しかも本拠としている「常呂カーリングホール」は湖のすぐ近くにあることを知った。

 人口12万人ほどの市だが、カーリングのメダルによって一躍有名になった。私と同じように、北見市がどこにあるか調べた人も少なからずいたと思う。

 1980年代の初めごろ、酒店を経営していた常呂町の男性が、漁業に出られない冬でも楽しめるカーリングを根付かせようと活動したという。当初はストーンの代わりにガスボンベを使うなど涙ぐましいエピソードもあり、常呂町と言えばカーリングの聖地と言われるほどになった。

 LS北見のメンバー5人全員が、地方の中小都市である北見市出身というから驚かされた。例えば、高校野球の甲子園出場チームの全員が、他府県出身というケースもある。その意味では、人口12万の町が輩出したLS北見のメンバーは奇跡のような存在に思える。しかも、チームを立ち上げた本橋麻里さんはベンチャー企業の辣腕経営者のようにも映る。

 試合中のおやつタイムも大きく取り上げられた。彼女たちが食べていたチーズケーキは北見市のお菓子屋さんが作ったものらしく、連日売り切れが続いているとか。「北見」が全国に、いや世界に知れ渡り、町おこしに大きく貢献したはずだ。ふるさと納税もじゃぶじゃぶ入ると思うが、どうだろう。そだねー・・・。

日本女子は強い・・・連日の金メダル

 平昌五輪は終盤戦に入った。私は長い時間、ホーム炬燵に入ってテレビ観戦していたので、尾てい骨のあたりが少し痛い。床ずれに近い症状である。連日の熱戦に、泣いたり、笑ったり、怒ったり・・・。隠居身分の気楽な日々である。

 昨夜は、女子団体パシュートの準決勝と決勝が行わ、最初から最後まで見た。日本勢は優勝の最有力と言われていたが、そう言われれば言われるほど不安になるのが、私の性分だ。それでも準決勝は無難に勝って決勝に進み、胸を撫で下ろした。

 決勝の相手は、個人種目のメダリスト3人をそろえたオランダである。またしても私の弱気の虫が頭をもたげたが、杞憂だった。日本の一糸乱れぬ隊列は芸術的で、しかも計算しつくした滑りによって快勝した。しかも五輪レコードだった。

 一人ひとりのスピードはオランダに劣るが、3人が束になれば断然強い。まさに「三人寄れば文殊の知恵」であり、力より知恵が勝った。昔、新聞で読んだこんな記事も思い出した。1本のクモの糸は弱いが、束ねれば鋼鉄のワイヤーよりも強く、弾力もある。日本のパシュート陣はクモの糸の強さなのだ。

 小平奈緒が出場したスピードスケート500mも心臓に悪かった。優勝を争うのは、2大会連続金メダルの韓国選手だ。小平はワールドカップで彼女に3連勝しているものの、完全アウェーである。私はマスコミが作り出す下馬評を信用していないが、今回はものの見事にアウェーを跳ね返した。おまけに、韓国選手と抱き合った美談が金メダルに花を添えた。

 これらとは逆に、嫌な場面も見た。昼のワイドショーで、ショートトラック男子500メートルの録画を映し出していた。北朝鮮選手が転倒すると、横を走っていた日本人選手のスケートの刃をつかみ、引き倒そうとした。さらに再スタートでも、北朝鮮選手はまたも日本選手に体当たりして妨害しようとしたのだ。

 この行為に腹も立ったが、それよりも何か切ない気分になった。失格となった北の選手にしてみれば、どんな形であっても敵国の日本に一矢報いなければ、国に帰れない。選手は、そんな切羽詰った心理状態に追い込まれていたのだろう。五輪を政治利用する異形のこの国は、選手の精神をも歪めている。

 閉幕まで残り3日。女子のフィギュアやカーリングなど注目競技が残っており、あとしばらく尾てい骨の痛みをかばいながら観戦を続けようと思う。メダルの追加を期待しよう・・・。
 


おめでとう・・・羽生、宇野が金と銀

 1週間ほど前、歯の治療から自宅に帰ってテレビをつけると、平昌五輪の女子アイスホッケーを放送していた。日本の対戦相手は、韓国と北朝鮮の合同チームである。合同チームがパックを奪う度に、会場を揺るがすような歓声が上がり、異様な雰囲気に包まれていた。

 まるで韓国が勝っているかのようだったが、第1ピリオドのこの時点で日本は2対0で勝っていた。第2ピリオドで合同チームが1点を返すと、北朝鮮の美女応援団が踊り出し、ボルテージは上がる一方だ。しかし結局、日本が4対1で五輪初勝利を飾った。

 開催国だから声援が2倍、3倍になるのは当然だが、いくら何でもやり過ぎだと思った。しかも反日ムードを煽る両国の歓声に苛立った。いずれブログで、この厄介な隣国に苦言を呈したいと思っていた。

 しかし、それは間違いだった。16日から始まった男子フィギュアスケートで羽生結弦、宇野昌磨の2選手がスケートリンクに姿を現すと、おばさん連中から恥ずかしいほどの黄色い声が飛び交い、観客席は日の丸の旗が百花繚乱である。

 観客席は女性が圧倒的に多いし、その三分の二は日本人と見受けられた。手製の横断幕やプラカードを打ち振る姿は、コンサート会場に現れた追っ掛けファンの様相である。

 しかし、これからが大変である。17日に行われたフリーの演技で、羽生と宇野が高得点をたたき出し、アリーナはどよめきに包まれた。そして羽生の金メダル、宇野の銀メダルが確定すると、半狂乱とも思える悲鳴が上がった。お漏らししたご婦人もいたに違いない。

 わが家でも、テレビにかじりついた。女房は昔からスペインのフェルナンデスのファンで、彼がジャンプを飛ぶと拍手を送るのだ。これはもう国賊だが、まずはともあれ日本人選手が金銀の偉業である。愉快な一日だった。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR